土壌図データCD-ROM    

地力保全土壌図データとは
地力保全土壌図データは、昭和34年~53年にかけて農林水産省の助成によって都道府県農業試験場が実施した地力保全基本調査(土壌調査)の成果である5万分の1土壌図(土壌生産力可能性分級図、約800枚)と代表土壌断面データをデジタル化したものです。

土壌図 関東
地力保全土壌図は原則25ha に1 点の割合で選定された調査地点の土壌断面調査結果から5 万分の1 地形図を基図として土壌区の境界が描かれています。なお、本土壌情報データは土壌調査実施後、農耕地の再整備などにより土壌の性質が変化しているところもあります。

収録内容の概要
ベクトル土壌図データ
土壌図データCD-ROMの基本となる図形データです。農耕地土壌を面的に表示します。
データ形式はGISソフトウェアに合わせてSHP(シェープファイル)、TAB(MapInfoテーブルファイル)、KMZ(GoogleEarth用)の三種類のフォーマットを収録しています。

   

KMZファイルは土壌分類や土性分布の主題図を簡単に展開できますので土壌図ビューアとして活用できます。

   

代表土壌断面データ
土壌区代表断面の地点情報、断面情報、理化学性情報を集録したデータベースです。
データはExcel形式とshp形式(ポイント)で収録されています。 ●項目一覧はこちら

 
 ※京都、和歌山については代表土壌断面データがありません。

属性データ(ネームファイル)
ベクトル土壌図データに付加して使用する土壌属性情報です。土壌図側とネームファイル側共通のキーを介して属性データを結合することができます。データはExcel形式及びDBF形式で収録されています。 ●項目一覧はこちら

 
※ネームファイル、代表断面データは項目や地域によって収録率が異なります。詳細は「項目一覧」をご覧ください。 

頒布価格(税込)
 全国版:¥216,000- 地域版(1ブロック)¥54,000-
 県単位版:¥9,720- ●価格表はこちら (県単位版は送料180円が別途かかります)

注)土壌図データCD-ROMの利用には別途GIS ソフトウェアが必要になります。CD-ROMにソフトウェアは含まれておりませんので、市販やフリーのGISソフトウェア、またはGoogleEarthデスクトップ版を導入してください。
当データはサイトライセンスです。申込書に記入して頂いた使用場所(~課、室など)に限れば、データを利用するパソコンや人数に制限はありません。 

データ形式

 ベクトル土壌図データ  shp(シェープファイル) 日本測地系、世界測地系  座標系:緯度経度
 tab(マップインフォテーブル) 日本測地系
 kmz(グーグルアース)   世界測地系 
 代表断面データ  Excel、shp(シェープ・ポイント) 日本測地系、世界測地系
 ネームファイル  Excel、dbf  ― ― 



●お問合せ
 一般財団法人 日本土壌協会
  〒101-0051
  東京都千代田区神田神保町1丁目58番 パピロスビル6階
  TEL 03-3292-7281 ●お問合せフォーム 


戻る